バートルの6001とは?作業服としての特徴と買い方のコツを理解しよう!

バートルのラインナップの中で6001が気になっている人もいるでしょう。ナンバーで管理されているのはバートルの商品の特徴で、6001という名前を聞いたことがあるだけで正体がよくわかっていないこともあるかもしれません。

この記事では6001に関する網羅的な情報を提供します。関連商品との関係や買い方のコツまで説明するので参考にして下さい。

バートルの6001とは

バートルの6001は汎用性が高いブルゾンタイプの作業服です。シンプルなデザインで使用場所を選ばないのが特徴で、単色で仕上げられています。カラーバリエーションとしては5色あり、アースグリーン、シェル、ネイビーに加えて明るい色合いのミストブルーとレイブル―も選ぶことが可能です。

6001はバートルのリサイクルシリーズの一つにも含まれています。リサイクルシリーズはリサイクル素材を使用して作られていて、環境調和性があることからSDGsへ向けた取り組みとしても位置付けることができるでしょう。

エコマークやグリーン購入法にも対応しているので、これからの時代を考えると選択肢として魅力が大きい作業服です。6001では日本製のT/Cエコソフトツイルを素材として使用しています。T/Cエコソフトツイルは静電気を起こしにくい制電性を持っているのが特徴で、静電気による発火や爆発などの恐れがあるものを取り扱っている現場でも着用可能です。

また、精密機器の製造現場や、精密機器の操作をする現場などでも安心して使用することができる作業服です。制電性能についてはJIS規格のT8118に適合しているので信頼性があります。6001はシンプルな設計になっているので動きやすくて動きをあまり妨げません。

ポケットは両胸にあることに加えて、右側にiPhone収納のためのポケットがあります。加えて、左側には内ポケットを用意しています。左胸と左袖にはペンポケットがあり、収納力は必要最小限になっている作業服です。

背にはアームノーフォーク、袖はドットアジャスターを採用しています。全体として無駄が少なく、オールラウンドな仕上がりになっているのが6001の特徴です。

『バートルの作業服の7096のご紹介』


6001の魅力とは

6001は利用シーンを選ばないのが最大の魅力です。シンプルで飾り気がないことから現場での作業をするのに適していて、純粋に作業に専念したい現場でのユニフォームとして優れています。あまりにもシンプル過ぎると考えられてしまうこともありますが、デザインに関する従業員からの不満も出にくいので安心です。

また、多くの作業員がいる現場でもサイズに困ることがほとんどありません。6001はSサイズから5Lサイズまで用意されているので、体格に合わせて適切なサイズを手配できるでしょう。

耐久性も高い厚めの生地になっていることから、ハードな業務を担当する作業員でも納得できる作業服です。また、企業としてはSDGsへの取り組みの一環としてアピールすることもできます。企業としてSDGsに貢献していくことは社会的に大きな要請になっていて、どのような取り組みをしているかを公開することが求められているのが現状です。

今までリサイクル素材ではない作業服を支給していた場合にも、これから新たに支給を始める場合にもリサイクルシリーズの6001を選べば、リサイクル推進を心がけていることを世の中に示せます。

6002と合わせて検討しよう

6001を検討するときにはブルゾンと合わせられるパンツも手配したいと考えるでしょう。6002は6001とペアで開発されたバートルのカーゴパンツなので、合わせて手に入れるパンツとして適しています。6002は基本的なコンセプトもデザインも6001とほとんど同じです。

6002もシンプルなデザインでオールマイティーな仕上がりになっているのが魅力で、現場を問わずに使用することができます。

6001と同じ五色のラインナップになっているので、同じ色を選んで手配すれば収まりが良いでしょう。使用している素材も同じで制電性のあるT/Cエコソフトツイルです。サイズについては70~125まで用意されているため、作業員の体格にかなり差がある場合でも問題ありません。

6002は両側のポケットと左側のiPhone収納ポケット、右側のペン差しがある程度で、収納性も標準的です。ワイドな設計になっているので動きを妨げにくく、大きな動きを必要とする現場や、立ったり座ったりする作業が多い現場でも快適に着用できます。

実用性重視で汎用性の高い作業服にしたいと考えたらバートルの6002を合わせるのが最適な選択肢の一つでしょう。

6001の買い方のコツ

6001を購入するときには必要なサイズのものを現場で必要とされている数だけ速やかに手に入れたいのがもっともなことです。そして、若干でも安く手に入れられるのが好ましいでしょう。買い方のコツとしてはバートルの正規代理店に問い合わせて手配をすることが挙げられます。

現場に出入りしている代理店がバートルの正規代理店ならそれに越したことはありません。そうでない場合には正規代理店に問い合わせてみましょう。正規代理店では在庫を確保していることが多いのでスムーズに手配を進めてくれます。

また、代理店契約をしたときにきちんとマージンを得られる仕組みを作っているため、その一部を還元する形で安く販売してくれるのが一般的です。特にたくさん手配するときには調達力と価格の低さがメリットになるので問い合わせて確認をしてみましょう。

6005と6003の組み合わせも考えよう

6001と6002の組み合わせに興味を持ったときには6005と6003についても検討してみましょう。6005は長袖シャツ、6003はツータックパンツです。どちらも6001と同じ素材を使用しているシンプルなデザインで、カラーやサイズのバリエーションも同等になっています。

違いとして大きいのは6005はスリムに仕上がっていることです。6003は6002と違ってツータックになっています。細かな点にも違いはありますが、このような大まかなデザインの違いによって見た目の印象が異なります。

6005と6003の組み合わせの方がフォーマルな印象を与えられるので、来客対応をする必要がある人にはこの組み合わせにするのも良い方法です。現場監督と作業員という形で業務や肩書などで分けることもできるため、うまく活用していきましょう。

シンプルなリサイクルシリーズの6001を検討しよう

6001はバートルのリサイクルシリーズの一つでシンプルなデザインに仕上げられているブルゾンです。使用する現場を選ばないのが魅力で、制電性にも優れています。カーゴパンツの6002や長袖シャツの6005、ツータックパンツの6003も同じシリーズなので合わせて検討しましょう。

買うときには正規代理店に問い合わせると手配するのが簡単です。

参照元…バートル > バートル 作業服https://www.l-m.co.jp/work/burtle/