新着情報・お知らせ

2016年1月
【2016年第14回全国大会のお知らせ】

■日時:2016年11月26日(土) 12:30開場 13:00開会 17:30閉会 
■場所:東京晴海グランドホテル
ちらしはこちらからダウンロードできます。(pdf)


主  催 : 犯罪被害者団体ネットワーク(ハートバンド)
協  賛 : 公益財団法人 犯罪被害救援基金
後  援 : 警察庁、国土交通省
認定特定非営利活動法人 全国被害者支援ネットワーク
会  場 : 晴海グランドホテル 
〒104-0053  東京都中央区晴海3-8-1
日  程 : 2016年11月26日(土)〜 27日(日) 

内  容:
11月26日(土)
12:30 受 付
13:00 全国大会

  1. ①開会の言葉
  2. ②主催者挨拶
  3. ③来賓挨拶
  4. ④第1部「犯罪被害者の声」

●本郷 由美子さん(池田小殺傷事件遺族)
事件から15年、犯罪被害者の立場と支援する立場から」
【プロフィール】
大阪教育大学附属池田小学校事件によって、当時小学校2年生だった娘を喪う。
その悲惨な体験と向き合って、上智大学グリーフケア研究所専門コースを終了し、グリーフケアの専門資格を取得する。
 精神対話士、グリーフケアワーカーとして、事件や事故の被害者、東日本大震災の被災者の方々や身近な人を亡くした悲しみに寄り添って援助活動をしている。
 また、本年度からは、学校の先生になりたかった娘の夢を引き継いで、学童保育の指導員も務めながら、子どもたちの「いのち」を見守っている。
著書として「虹とひまわりの娘」(講談社)
共著として「グリーフケア 死別による悲嘆の援助」(メヂカルフレンド社)
     「悲嘆の心理療法 ゲシュタルト療法の立場から」(丸善プラネット)


●上田 育生さん(交通事故後遺障害家族)
「交通事故被害者のための具体的対応とその効果」
~大きく変わる被害者請求・事前認定の違い~
【プロフィール】
平成13年12月実母が交通事故に遭い、重度の後遺障害者(高次脳機能障害)となる。
交通事故の対応や保険の仕組みなど全くわからないまま、裁判終結までの6年間で、交通事故被害者の実態や社会の仕組みの不知を痛感する。当時の経験を活かし、2011年3月に当時交流関係にあった被害者仲間と共に「一般社団法人交通事故被害者家族ネットワーク」を設立し、業務執行理事として就任。おもに孤独になりがちな被害者に対してアウトリーチに徹した支援活動を続けている。 また支援活動とともに、地方公共団体や各種病院からのお声がけで、各理事が体験に基づいた講演を全国で行っている。


  1. ⑤第2部 参加者全員による「車座トーク」
  2. ⑥閉会の言葉

17:30 散会
////////////////////////////////////////////////////

11月27日(日)    
9:30  分科会

  1. ①兄弟姉妹で語ろう
  2. ②弁護士を囲んで
  3. ③ハートカフェ(音楽、手作り)
  4. ④今求められる犯罪被害者支援~生活支援、裁判支援~

               分科会①~③は被害者のみの参加 
分科会④は支援者の皆様にも参加頂けます
12:00 散会       




2016年1月
【2015年第13回全国大会の模様】

■日時:2015年11月29日(土) 12:30開場 13:00開会 17:30閉会 
■場所:東京晴海グランドホテル

■終了しました





【2015年全国大会 開会の挨拶 代表:前田敏章】


【犯罪被害者救援基金 専務理事 黒澤 様】


【内閣府 犯罪被害者等施策推進室 参事官 及川 様】
「犯罪被害者週間全国大会2015~いのち・きぼう・未来~」に御列席の皆様へ
「犯罪被害者週間全国大会2015~いのち・きぼう・未来~」にお招きいただきまして誠にありがとうございます。本日は、内閣府主催の犯罪被害者週間関連行事等への対応のため、会場に伺えず申し訳ありません。  
犯罪被害者週間全国大会は、今回で13回を数えるとともに、犯罪被害者週間に合わせた開催としては11回目であるとお聞きしております。平成17年に犯罪被害者団体ネットワーク ハートバンド様が発足され、犯罪被害者等の権利利益の保護と支援の充実のために熱心に御活動をされてきたこれまでの歩みに敬意を表します。
平成16年12月1日に犯罪被害者等基本法が成立し、政府は第1次、第2次の犯罪被害者等基本計画に基づき犯罪被害者等施策を推進してまいりました。現在は、第3次犯罪被害者等基本計画の策定に向けて検討を行っているところです。 しかし、犯罪被害に遭われた方々が被害から回復し、再び平穏な生活を営むことができるようになるためには、私ども政府や自治体などの取組のみならず、国民の皆様の御協力も不可欠です。そのため、毎年11月25日から1週間を犯罪被害者週間として、犯罪被害者等が置かれている状況や支援の必要性について考えていただく機会としています。最終日の12月1日に都内で中央イベントを開催いたしますので、皆様にも御参加いただければ幸いです。  
そして、犯罪被害者週間に合わせてハートバンド様が主催される犯罪被害者週間全国大会は、多くの犯罪被害者団体が集い、犯罪被害に遭われた方々が置かれた状況などへの理解・配慮等を一層促進するもので、政府の取組とも軌を一にするものです。 また、犯罪被害に遭われた方々が、御自身で声をあげられ、このような大会を企画運営され、犯罪被害に関する理解を深める活動を行われることは、犯罪被害に遭われた方々を勇気づけるものでもあり、大変意義深い取組だと思います。  
全国大会の御成功と、本大会を契機としてハートバンド様と御列席の皆様の御活動がより一層発展されることを心より祈念しております。
                                           平成27年11月28日                                          内閣府 犯罪被害者等施策推進室
                                                   参事官 及川 京子

【警察庁 犯罪被害者支援室長 野川 様】


【犯罪被害者支援ネットワーク 専務理事理事 秋葉 様】


【犯罪被害者の声 江崎恭平 様】


【ハートバンド活動報告・ 鴻巣実行委員】


【閉会の挨拶】